日本軍だけじゃなく韓国の朝鮮戦争時に韓国軍にも軍慰安婦の存在を彼らは知っているのである。 日本軍問題の問題より彼らの知能指数が疑わしいのである。

シェアする

日本軍だけじゃなく韓国の朝鮮戦争時に韓国軍にも軍慰安婦の存在を彼らは知っているのである。 日本軍問題の問題より彼らの知能指数が疑わしいのである。

日本軍慰安婦と言っても特別な存在でもないし、一般の公娼制度がその時代の必要によって軍隊の中に移しただけのことである。売春は歴史が古く今も続いている同時代性を帯びている。貧しい生活だったから食うためにやるざるを得んかった時代があったけど、食うに困らない日本や韓国では今存在しないのかと言うとそうではない。時代に合わせてもっと進化されて行われている。

にもかかわらず、しつこくこの問題のみを噛みついて解決したがらないその団体やそこに関わる人たちの精神状態はどうなっているんだろう。

半島人のみで見られるその精神状態を李栄薫先生は”反日種族主義”と名付けている。

日本軍だけじゃなく韓国の朝鮮戦争時に韓国軍にも軍慰安婦の存在を彼らは知っているのである。

日本軍問題の問題より彼らの知能指数が疑わしいのである。

[日本軍慰安婦問題の真実] 1. 朝鮮戦争と韓国軍慰安婦

Comments

comments