日朝協議-最低限必要な二つ

シェアする

日朝協議-最低限必要な二つ

今、安倍首相が北朝鮮訪問の意志を示していることが報じられています。確かに、被害者奪還のためには必要なことであることは理解しますが、家族会や救う会のご意見とは異なるかもしれませんが、私としては最低限必要な原則は以下の二点となります。

(1)たとえ拉致被害者全員が帰国したとしても、現在のテロ・独裁政権が存続する限り、北朝鮮との国交正常化は行うべきではない。現段階での国交正常化は、総連に代表される日本国内の工作組織の合法化、および、正常化の結果置かれる北朝鮮大使館が工作活動(もしくは麻薬売買)の治外法権の場と化すことと同じだからだ。

(2)また『拉致被害者の全員帰国』を確認するためには、拉致被害者自身からの聞き取り調査、および北朝鮮国内を日本国の捜査官もしくは調査団が調査することが必要と考える。これまでの北朝鮮の態度からして、彼らの『全員』という言葉を信用するだけの信頼関係は日本側には全く存在しない。

以上二点は私にとっては最低限のレベルで必要なものです。こんなことは安倍首相も100%分かったうえで、それでも何とか事態を動かそうとされているのだと思いますし、現実に努力しておられる現場の外交官他の皆様の努力は尊いものかもしれませんが、今の段階ではこれを言っておくことがどうしても必要なことと信じます。

Comments

comments