北朝鮮・金正恩を許すな! 日の丸&太極旗デモ行進 in 東京 <2017/7/15(土)>

【主催】
日の丸・太極旗デモ行進 東京実行委員会
共同代表:古川フミエイツ、高在雲
オブザーバー:荒木和博

【日時 】
平成29年7月15日(土)

【講演会 】
大久保地域センター会議室A 9:30開場、10:00開会

【デモ行進 】

  • 13:00からデモの趣旨説明と注意事項。
  • 新宿区柏木公園(東京都新宿区西新宿7丁目14)13:30出発。

※デモに参加される方は次の注意事項をよくお読みください。

【注意事項】

  • 日の丸と太極旗は主催者側で用意しますので、そちらをご利用ください。
  • プラカードは主催者側で用意した物をご利用ください。
  • 趣旨に関係のない政治的な主張の強い服装は慎んでください。一般的な服装でのご参加をお願いします。
  • シュプレヒコール以外の勝手な言動は慎んでください。
  • 許可なしの中継・録画・録音はおやめください。
  • 行動中は、異論があるとしても、主催者の指示に従ってください。
  • 主催者側の現場判断により、ご退場いただくこともあります。
  • 当日、生中継はありません。なお主催側で記録として撮影が入ります。いずれYoutubeにUPされますので、必要な方はマスク・サングラスなどご用意ください。

 

【趣旨】

もう黙ってはいられません。傍観していられる事態ではなくなりました。日本人にとっても、在日コリアンにとっても、そして日韓の両国にとって、北朝鮮(北韓)のあり方と振る舞いは、未来を暗澹たるものにしています。

このような事態をつくり出して来た責任の一端は、私たち大人の世代が負わねばならないでしょう。次世代を担う子供たちに解決への責任と犠牲を負担させてはなりません。

未来に向かって日本人と在日コリアンが共同連合するなら、そして日韓が連携連帯するなら、新しい局面を開いて、事態を打開する力を生み出すでしょう。どこかで声高に主張されている「主体性」を発揮し、創造的に対処することです。

私たちのよりよい未来のために、日本人と在日コリアンの有志は、歴史認識・領土問題などの認識の違いを理解したうえで、今6つの課題で共同して声を出し、一歩を踏み出します。

 

【6つの課題】

  • 拉致は国際テロ犯罪です。私たちは断じて許しません。日韓の拉致被害者を一日も早く救出しよう!
  1. 拉致は国際テロ犯罪です。私たちは断じて許しません。日韓の拉致被害者を一日も早く救出しよう! (全文

  2. 北朝鮮帰還事業で私たちは北朝鮮に人質を取られた。この人たちを救わねば、私たちも救われません。北朝鮮にいる親族を取り戻そう!(全文

  3. 北朝鮮の恐怖支配から人々を解放することは、私たちの課題だと考えます。そのために日本人と在日コリアン、日本と韓国は連帯し、協力していこう!(全文

  4. 国際テロ・犯罪の実行集団には人々を統治する資格がありません。一刻も早い退場を求めよう!(全文

  5. 私たちは金正恩の核脅迫の下で暮らす時代を子供たちに残すことはできません。核脅威のない北東アジアのために、日本人と在日コリアン、日本と韓国は協力していこう!(全文

  6. 在日コリアンの子どもたちに国際テロ・犯罪者集団への忠誠心を育てる朝鮮学校を早急に改革し、朝鮮総連の支配を排除し、正しい民族教育を在日の手に取り戻そう!(全文

Comments

comments